落花生が豊作、収穫に大忙し 遼寧省錦州市

©新華社

落花生が豊作、収穫に大忙し 遼寧省錦州市

 4日、錦州市義県張家堡鎮の官場溝村にある加工工場で、落花生の選別作業をする従業員。(錦州=新華社記者/姚剣鋒)

 【新華社錦州11月9日】晩秋を迎えた中国遼寧省錦州市義県では、落花生の収穫が終わり、農家の人たちが天日干し、選別、加工などの作業に追われている。現在、県全体の落花生の栽培面積は31万ムー(約2万667ヘクタール)、年間生産量は9万トン余り、総生産額は6億5千万元(1元=約16円)、年間加工能力は40万トンに達しており、落花生栽培は地元農家の増収の重要な手段となっている。

落花生が豊作、収穫に大忙し 遼寧省錦州市

 4日、錦州市義県張家堡鎮の官場溝村にある加工工場で、落花生をトラックに積み込む従業員。(小型無人機から、錦州=新華社記者/姚剣鋒)

落花生が豊作、収穫に大忙し 遼寧省錦州市

 4日、錦州市義県張家堡鎮官場溝村の加工工場にある落花生の天日干し場。(小型無人機から、錦州=新華社記者/姚剣鋒)

落花生が豊作、収穫に大忙し 遼寧省錦州市

 4日、錦州市義県張家堡鎮の官場溝村にある加工工場で、落花生を袋詰めする従業員。(錦州=新華社記者/姚剣鋒)

落花生が豊作、収穫に大忙し 遼寧省錦州市

 4日、錦州市義県張家堡鎮の官場溝村にある加工工場で、天日干しした落花生を選別機にかける従業員。(錦州=新華社記者/姚剣鋒)

落花生が豊作、収穫に大忙し 遼寧省錦州市

 4日、錦州市義県張家堡鎮の官場溝村にある加工工場で、落花生の選別作業をする従業員。(錦州=新華社記者/姚剣鋒)