小林麻耶“降板報道”は夫も関係していた!? 立川志らく糾弾動画が物議

©株式会社日本ジャーナル出版

(C)まいじつ 

フリーアナウンサーの小林麻耶が11月12日、木曜コメンテーターを務める『グッとラック!』(TBS系)を欠席。番組公式サイトの木曜レギュラー欄からも名前が消えており、彼女は「番組降板を言い渡された」と主張している。

同番組は10月29日放送回で、乳がん治療を中断して不妊治療を再開したタレント・だいたひかるを特集。MC・立川志らくの「母親がいないと、子どもにとっては不幸」という発言に、小林は「私はそういう風に思いません。母親がいない人たちだってたくさんいますし、母親に虐待を受けている人たちもいます。母だけの愛情じゃないですよ」と目に涙を浮かべて訴え、物議を醸していた。

「小林にとってみれば、絶対に引けない気持ちだったのでしょう。翌30日には自身のブログ『まや★道』で、《どうしても言わなくてはならないことだったので勇気を持ち、覚悟を決めて言いました。人生において、どうしても声を上げて言わなければならない時があります。私にとってはそれが昨日の放送でした》とつづり、暗に志らくを否定しました。さらに、夫でタレントの〝あきら。〟は小林のYouTubeに登場し、大人の発言とは思えないような〝罵詈雑言〟で志らくや番組を批判しています。結果的にこの動画が番組関係者の怒りを買ったのではないでしょうか。また、自身が出演するファッションコーナーで、スタッフからイジメを受けていることを暴露し、ロケをドタキャンしたことを明かしています」(芸能記者)

動画内で小林は、番組で涙を流した理由について説明。「番組では冷静な発言をするコメンテーターが求められているんです。でも、私が感情的になって涙を流したのは、だいたひかるさんの生き方に感動したからなんです。情報というのは切り取られて独り歩きするんです」と発言。一方、あきら。はそんな小林の言葉にうなずきながら「浅はかで恥ずべきことだと思ったほうがいいですよ。ハッキリ言ってダサいです。そんな人生でいいんですか。ムダ中のムダ!」と言いたい放題だ。

小林夫妻の“志らく糾弾”に非難殺到

この2人の様子に、ネット上からは

《なんだかなぁ。怒る気持ちはわかるけど、旦那さんの物言いは最悪だわ。あぐらかいて態度もデカすぎ!》
《YouTubeで夫婦揃って評判落としすぎ》
《旦那がガラ悪すぎて印象変わったわ》
《言葉遣いやふんぞり返った姿勢など、イキってるようにしか映らない…》
《あんな酔っ払いの愚痴みたいな動画に「神回」とかタイトルつけてるのがもうどうかしちゃってる》
《旦那が1人で2時間やってるYouTubeひどいな。態度も発言もものすごく子どもっぽい》

などと、非難が殺到している。

あきら。はそれでも怒りが収まらなかったのか、10日の生配信に1人で登場。2時間14分にも渡って暴言を吐きまくり、「志らくの言葉に共感するってセンスないな! あれに共感するの? 同化してるんじゃないですか。ダサっ、ダサすぎる本当に」と吐き捨てた。

小林が所属する生島企画室は、12日に公式サイトで「弊社所属 小林麻耶 に関するお知らせ」として、《この度、慎重に話し合いを続けて参りましたが、それぞれの思いがあるなか、正常なマネジメント業務を行う事が困難になった為、2020年11月12日をもちまして、弊社所属小林麻耶とのマネジメント契約を終了することと致しました》と発表している。

一方で、TBS側はイジメや志らくと小林の確執については否定しているようだ。双方の意見が食い違って錯綜しているが、夫婦そろって言いたい放題というのはいかがなものなのだろうか…。