内山、ヤクルト入団合意 契約金5千万円、年俸580万円 背番号33

©株式会社北國新聞社

 プロ野球ヤクルトがドラフトで3位指名した星稜高3年の内山壮真捕手(18)=172センチ、72キロ、右投げ右打ち、富山県上市町出身=の入団が12日、決まった。同日、金沢市のホテル日航金沢で入団交渉し、いずれも推定で契約金5千万円、年俸580万円で合意した。背番号は「33」に決まった。

 球団関係者と仮契約交渉を終えた内山は「気が引き締まる思い」と喜びを語った。

 内山は強打の捕手として、星稜の主将を務めた。準優勝した昨夏の甲子園大会は遊撃手として出場した。高津臣吾監督は正捕手として育てる考えを示しており、星稜の先輩で昨年のドラフト1位、奥川恭伸投手とのバッテリー実現にも期待が掛かる。内山は「1日でも早く1軍の舞台で一緒に活躍できるよう頑張りたい」と語った。