知人に頼まれ 大麻所持した男 有罪判決 長崎地裁

©株式会社長崎新聞社

 長崎市高島で大麻を栽培していた知人の男から頼まれ、同市内で所持したとして大麻取締法違反の罪に問われた同市八つ尾町、無職の男性被告(29)に対し、長崎地裁(堀田佐紀裁判官)は12日、懲役6月、執行猶予3年(求刑懲役6月)の判決を言い渡した。堀田裁判官は「被告が薬物治療のための専門の医療機関を受診し、反省の態度を示していることなどを考慮した」と述べた。