ユーチューブで越前がにの食べ方紹介

©株式会社福井新聞社

福井県坂井市がユーチューブで公開している越前がにの魅力を伝える動画の一場面

 福井県坂井市は冬の味覚「越前がに」のむき方を紹介する動画をユーチューブで公開している。市職員が「越前カニ美」に変身して体当たりで“食レポ”。三国港で水揚げされるカニのおいしさの秘密にも迫っている。

 市は越前がに漁の解禁に合わせ、東京都品川区の戸越銀座にあるアンテナショップのほか、ふるさと納税の返礼品でも取り扱っている。毎年好評で、全国各地から「最高においしい食べ方を知りたい」との問い合わせが多くあることから、鮮魚店「たけ庄」(同市三国町楽円)の協力を得て動画を制作した。

 カニチューバー「越前カニ美」を担当したのは、市シティセールス推進課の黒川貴世衣さん。赤いキュートなかぶり物姿で茹(ゆ)で場を見学後、黄色いタグが付いたズワイガニを裏返しておなかの下の「ふんどし」を外し、足の付け根を持って半分に折るなどの手順を丁寧に説明。セイコガニの内子は卵巣で別名「赤いダイヤ」と呼ばれ、味はコクがあり濃厚と紹介。元気いっぱいに「身がたっぷり詰まって甘みがすごい。ジューシーですよ」とリポートしている。

 越前がにが高い評価を受ける背景として「カニが生きているうちに帰港してすぐに市場に出荷するので鮮度が抜群。これは全国的にも珍しい」との解説も加えており、黒川さんは「皇室に献上される越前がにを自信を持ってお薦めしたい。魅力を発信してブランド価値を高め、坂井市のファン拡大につなげたい」と話している。

 越前がにの動画はユーチューブ「坂井市 かに」で検索する。