マスターズ、松山は10位に後退

第3日、D・ジョンソン首位維持

©一般社団法人共同通信社

第3ラウンド、2番でショットを放つ松山英樹。通算8アンダーで10位=オーガスタ・ナショナルGC(共同)

 【オーガスタ(米ジョージア州)共同】男子ゴルフのメジャー、マスターズ・トーナメントは14日、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGCで第3ラウンドが行われ、6位から出た松山英樹は4バーディー、4ボギーの72と伸ばせず、通算8アンダー、208で首位と8打差の10位に後退した。

 65をマークしたダスティン・ジョンソン(米国)が通算16アンダーでトップを維持。4打差の2位にはアブラハム・アンサー(メキシコ)、任成宰(韓国)、キャメロン・スミス(オーストラリア)が並んだ。

 昨年優勝のタイガー・ウッズは20位。初の予選通過を果たした今平周吾は36位。