阿蘇市の80代男性死亡 新型コロナ、県内10人目 クラスター発生病院の入院患者

©株式会社熊本日日新聞社

 熊本県は15日、新型コロナウイルスに感染した阿蘇市の80代の無職男性が同日未明、死亡したと発表した。県内で感染が確認された患者の死亡は11月6日以来で、計10人となった。

 県によると、男性はクラスター(感染者集団)が発生した同市の阿蘇やまなみ病院の入院患者。同病院のクラスター関連の死亡例は初めて。

 10月29日にPCR検査で陽性が判明し、30日から県内の入院協力医療機関に入院。当初は中等症だったが、11月12日までに重症化した。県は男性の死因について「確認中」としている。(田上一平)

熊本県内の新型コロナウイルス感染状況一覧◇ ※集計時間が異なるため、記事とは人数が違う場合があります。