KKRと楽天、西友株をウォルマートから取得 デジタル化後押し

©ロイター

[東京 16日 ロイター] - 米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)<KKR.N>と楽天<4755.T>が、スーパー大手の西友の株式を合わせて85%取得する。西友の親会社米ウォルマート<WMT.N>も15%を継続保有し、3社で西友のデジタル化を進める。

KKRと楽天、ウォルマートが16日、連名で発表した。KKRは西友株65%、楽天は小売業のデジタル化を支援する子会社を新設し、そこを通じて20%取得する。発表によると、取引の企業価値は1725億円となる。

KKRと楽天は、アプリを使った西友のオンライン販売を支援し、新たなキャッシュレス決済を導入することなどを検討する。西友は引き続き、ウォルマートの世界的な調達網を活用する。

*内容を追加しました。