松本人志にブーメラン! ジャニーズ忖度批判も「同じ穴のムジナ」

©株式会社日本ジャーナル出版

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

11月15日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、『ダウンタウン』松本人志がメディアによるジャニーズ事務所への忖度に言及した。しかし、ネット上では「お前が言うな」と反論の嵐が吹き荒れている。

この日、番組はジャニーズ事務所を退所した山下智久の話題をクローズアップ。一方、『週刊文春』で取り沙汰された、事務所最年長・近藤真彦の不倫疑惑には触れなかった。すると、これが不満だったのか、松本は「モヤモヤする。僕は言わないといけない立場…立場なのか? 分からんけど、こんなお仕事させてもらってるんで言うんですけど」とコメント。

続けて、「我々は別にマッチが嫌いじゃないし、ジャニーズ事務所さんも嫌いじゃない」と前置きした上で、「でも、あまりにも周りがやらなさすぎる。今は本当にないと思うんですよ、『(あいつを)使うな』という圧力みたいなもの。ただ、長い歴史の中で『大手事務所はスルーしましょう』と各局なっちゃってる。それって一番損しているのはジャニーズ事務所さんなんですよ。悪いイメージつけられるから。もっと平等に扱うべきなんです」と、腰砕けなメディア側の姿勢を批判した。

吉本興業に対する忖度もヒドイ!?

しかし、ネット上には

《吉本もずいぶん忖度されてると思うよ》
《ヨシモトも下っ端がやられてるだけで、同じ穴のムジナやろ》
《吉本興業が宮迫さんをテレビに出さない為に、圧力をかけている件も同じく触れないとね!(笑)最早それはジャニーズ事務所の比じゃない!》
《浜田の時だって大して取り上げなかったやん》
《こいつまだ自分を棚に上げて忖度ガーとか言ってんのか お前の番組で映画の話しないのもオリラジ中田呼ばないのも立派な忖度だろ》

など、松本への反論が噴出。威勢よく切り込んだが、「お前が言うな」の大合唱を浴びる〝ブーメラン〟状態になってしまった。

「不倫でいえば相方の浜田雅功もしていましたが、話題になったのはネットだけで、ワイドショーはこれをスルー。松本を公然と批判した『オリエンタルラジオ』中田敦彦はいまだTVから干され続けるなど、松本の周辺は〝忖度〟で塗り固められています。昨年の〝闇営業騒動〟では、『ロンドンブーツ1号2号』の田村亮が、岡本昭彦社長による『在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主』という発言をバラして大きな話題になりましたね」(芸能ジャーナリスト)

中田といえば、12日更新のYouTubeにて、闇営業で事務所を追われた宮迫博之とコラボしたら「事務所をクビになる」という話が吉本内で広まっていることを暴露。8月には『鬼越トマホーク』も、「吉本に所属している以上はM迫チャンネルだけには出るなって」「はっきりは言われてないですけど雰囲気があります」と告白している。

〝忖度〟をされている側は気付かないものなのだろう。