阪神・青柳〝ワンバン送球〟で守備良化 矢野監督も評価「あいつがGグラブ賞とったら夢がある」

©株式会社東京スポーツ新聞社

守備練習で汗を流した阪神・青柳

阪神の秋季練習3日目(17日、甲子園)は、徹底した守備練習に終始。2年連続で規定投球回数に到達し、今季7勝を挙げた青柳晃洋投手(26)も自身が課題と位置付けるフィールディングの強化に汗を流した。

ゴロ捕球後の一塁への送球を苦手としてきた右腕は今季〝苦肉の策〟として一塁へのワンバウンド送球を多用。その効果もあって「今季の送球ミスはほとんどありませんでしたね。僕の中で結果的にはアウトにできればいいという考えです。過去には暴投などで野手の方に迷惑をおかけしましたからね」と笑顔を見せる。

自らを「器用なタイプではない」と分析する青柳。だが、愚直な姿勢が成長につながっていると矢野監督は評価する。「本当にうまくなったよね。(過去は守備が)下手クソだったんだけど、意欲が結果に結びついてくれている。一塁送球を苦手としている子供たちのいい見本、スタンダードになるかもしれない。あいつがゴールデングラブ賞とったら夢があるよな」

就任以来、積極的に取り組んだ結果のミスは常に是と評価し、チャレンジすることの重要性を説き続けてきた矢野監督。自身のポリシーを体現するかのような背番号50の姿勢に目を細めた。