笠井信輔アナ、がん闘病中に罵詈雑言の嵐も…“光”を感じるSNSとの向き合い方

©株式会社マイナビ

●知らない人たちのコメントが“生きる力”に

ステージ4の血液のがん・悪性リンパ腫から復帰を果たしたフリーの笠井信輔アナウンサー。一時は死を覚悟しながらも、生きる希望を求めて奮闘した闘病の記録や、その中で感じたことなどを記した新著『生きる力 引き算の縁と足し算の縁』(KADOKAWA刊)を、18日に刊行した。

この中で大きなテーマとして書かれているのが、多くの人から寄せられた応援の声が力になったという“SNSの光”だ。一方で、有名人への誹謗中傷をめぐる問題は後を絶たないが、闘病中でさえその標的となった経験を持つ笠井アナは、どのようにSNSと向き合っているのか――。

■ニュースでは“影”を伝えてきた

もともとは、昨年のフジテレビ退社後のタイミングで、自身のアナウンサー人生33年間を振り返る著書のオファーがあった。だがその頃には、身体の異変に伴う悪性リンパ腫の検査が進んでいて、「体があちこち痛いという状況」だったという。

その後、入院生活を送ることになるが、「もしテレビ復帰が難しいとなったら、執筆活動で生きていくことになるのかなとも思って、入院しながらでも書いていこうと考えていたんです」。とは言うものの、「抗がん剤治療を始めると、そんな考えは甘くて甘くて。とてもじゃないけど、本を書くなんてことができる状況じゃなくなったので、この話は立ち消えになったんです」。

そんな闘病生活の中で、自身のブログとインスタグラムに寄せられる声が、大きな力になる、という体験をした。

「今まで情報番組をやってきた中で、SNSに関するニュースはトラブルなど“影”の面を扱ってきて、“強者を引きずり下ろす”、そして“弱者につけ込む”ツールだと思っていたんです。でも、悪性リンパ腫という全く未知の世界に入って、ブログとインスタグラムに、ハンドルネームしか知らない人から、温かいメッセージをたくさんもらって、このつながりがこれほど“生きる力”を与えてくれるのか、ということに気づかされました」

多いときには、1つの投稿に1,000~2,000ものコメントが付いたそうで、その内容は励ましの言葉に加え、「私もがんでした」「今、がんの治療中です」「家族ががんです」という経験者や支える家族からも。それを読んで、「なんで自分はがんになったんだと思っていたのが、むしろがんになるほうが一般的で、それくらいこの病気と向き合っている人が多いんだと知りました」という。

さらに驚かされたのが、コメントした人たち同士のやりとりだ。

「私のブログのコメント欄で、ある方が病気についての悩みを投稿すると、別の人がそれに答えてあげているんです。『こんなにも人は、人を助けたいと思ってるのか』と感じて、本当に感動しました。そんな豊かなコメントをネット上だけに置いておくのはもったいない。自分が体験したこのSNSの“光”を伝えなきゃと思いました」と使命感を持ち、今回の執筆につながった。

■病室から世の中に訴えることができる

オフィシャルブログ「笠井TIMES~人生プラマイゼロがちょうどいい」より

SNSで感じた“光”は、コメント欄に寄せられる声だけではなかった。新型コロナウイルスが猛威を振るう中、ハリウッドスターたちが「#STAYHOME」を拡散しているのにならい、「#うちで過ごそう」と呼びかける運動を始めると、翌日に人気YouTuberのHIKAKINが、このハッシュタグの拡散を呼びかけたのだ。

「あれにも、とてつもなく“生きる力”をもらいました。病室にいても世の中に対して訴えることができるし、世の中とつながることができるんだと思って。いろんな人がTwitterや動画で『#うちで過ごそう』と投稿してくれて、あんな感動はなかったですね。だから、こうしてIT技術の発展した時代にがんになったから、心は救われる部分があったなと思いました」

●ブログを引用したネットニュースが炎上

こうして、SNSの“光”を感じたというが、一方で現実には、有名人が誹謗中傷で苦しめられるなど、大きな“影”が社会問題となっている。今回の本で自身を「炎上系のアナウンサー」と記している笠井アナだが、SNSとの付き合い方をどのように考えているのかを聞くと、「それは極めて簡単で、誹謗中傷のコメントを見ないということに尽きます」と答えてくれた。

「エゴサーチをしないということが、一番の対応策です。だって、何を書いたってアンチがいるんですから。フリーになって2カ月間、インスタグラムのフォロワー数は300人から増えなかったんですが、『がん』と報道が出て、『とくダネ!』で告白したら、300が1,000、1万、2万、3万、入院したら10万、20万、ブログは30万と、考えられない数の方たちから応援していただいたんです。けれど、どこかで引きずり降ろされるだろうなと思っていました。“出る杭は打たれる”というのが、ネットの定石ですから」

コロナ禍の自粛要請の中、パチンコ屋に並んでいる人や、渋谷で遊んでいる若者たちの姿を見て、「こっちは苦しい抗がん剤治療で閉じ込められてるのに、ただ家にいるのも我慢できないなんて」と怒りを覚えた笠井アナは、その思いをブログに記した。すると、これに賛同するコメントが多くに寄せられたが、想定外の場所で“炎上”が起こった。

「ブログを引用したネットニュースのコメント欄で、ものすごい非難の声があったんです。ブログのフォロワーさんに言われて見に行ったら、『病室から何言ってんだ。出てきて体験してみろ』『高みの見物してんじゃねぇよ』と罵詈雑言の嵐で。思いも寄らない反応でした」

退院後には、誹謗中傷のコメントがさらに増加。「『おまえ治ったんだろ』『いつまで笠井のニュースを流してるんだ』と。要は、僕の存在がネットで幅を利かせているのが嫌なんでしょうね、きっと。精神的に病むのは嫌なので、もう本当に見なくなりました」と遮断することにした。

■病室から世の中に訴えることができる

『生きる力 引き算の縁と足し算の縁』(KADOKAWA刊)

そうした罵詈雑言を断ち切ることができたのは、SNSの中でもオープンなTwitterを使わなかったことが大きいという。

「Twitterは最も炎上しやすいですが、最も伝わりやすいし、インパクトがある。でも、僕の場合はインパクトを与えたかったわけじゃなくて、ブログやインスタを開設すれば、自分のことを応援してくれる人が『頑張って』って慰めてくれるかなと、恥ずかしながらそういう甘えた気持ちで始めたので、結果としてそれが“最大の防御策”になりました」と、直接的な被害を受けずにたくさんの“光”を感じることができたのだ。

そんな経験もした上で、「おそらく、がんを経験した方や、病気に苦しんでいる方で、この本に興味を持っている方は多いと思うんですけど、SNSをうまく活用すれば、とてつもない力になって病魔とも闘っていけるということを知ってほしい」と強調。さらに、「『自分は病気じゃないから関係ないや』と思っている方にも読んでもらって、『こういうことによって立ち上がれる人がいるのか』と知ってほしいですね」と呼びかけている。

●笠井信輔
1963年生まれ、東京都出身。早稲田大学卒業後、87年フジテレビジョンに入社し、『おはよう!ナイスデイ』『タイム3』『今夜は好奇心!』『THE WEEK』『FNNニュース555ザ・ヒューマン』『とくダネ!』『男おばさん!!』『バイキング』など、報道・情報番組を中心に担当。19年9月で同局を退社し、フリーアナウンサーとして活動するが、同年12月に悪性リンパ腫が判明し、療養へ。今年4月に退院、6月に完全寛解し、7月に仕事復帰すると、『男おばさん!!』(フジテレビTWO)や「第33回東京国際映画祭」のイベント司会などで活躍する。ほかにも、がん情報サイト「オンコロ」でインタビュー動画『笠井信輔のこんなの聞いてもいいですか』を公開し、新著を『生きる力 引き算の縁と足し算の縁』(KADOKAWA刊)を11月18日に刊行。