山田哲人は年俸7億円?8億円? 今オフFA市場の目玉と想定される条件は…

©株式会社Creative2

ヤクルト・山田哲人【写真:荒川祐史】

山田は今オフ最大の目玉で破格の条件が飛び出しそう

2020年度のフリーエージェント有資格選手が17日、日本野球機構から公示され、今季新たに21選手が国内FA権を、16人が海外FA権を取得した。権利を行使する選手は日本シリーズ終了翌日から、土日祝日を除く7日以内に文書にて申請することになる。

今オフのFA市場で目玉の1人になるとされた中日の大野雄大投手は 早々に残留を決断。愛着のある中日で来季以降も優勝を目指すことになった。では、今季新たに国内FA権を取得した選手の中で、権利を行使した場合、マーケットの目玉となりそうな選手は誰だろうか。

・山田哲人(ヤクルト)
今季成績:94試合334打数85安12本52点 .254

2015年、2016年、2018年とプロ野球史上初となる3度のトリプルスリーを達成した経験を持ち、間違いなく今オフのFA史上で最大の目玉となるだろう。今季は故障もあって打率.254と、2年連続で打率3割を切っている。今季の年俸は5億円。FA権行使となれば、年俸は7億円超になると予想され、5年40億円や7年50億円といった破格の条件が飛び出しそう。ただ、それだけの高条件を提示できる球団も限られそうだ。

・石山泰稚(ヤクルト)
今季成績:44試合3勝2敗20セーブ4ホールド 2.01

ヤクルトの守護神として今季20セーブ、通算で75セーブをマークしてきた。リリーフを厚くしたい球団にはうってつけの存在と言える。現在32歳で補償が必要なBランクとされる。条件面では3年4億円から5億円あたりがメドとなりそうか。

2年連続30セーブ超の西武・増田は権利行使なら争奪戦か?

・小川泰弘(ヤクルト)
今季成績:20試合10勝8敗0セーブ0ホールド 4.61

ヤクルトの大黒柱として活躍し、大きな故障離脱もなく、新人王と最多勝、最高勝率に輝いた1年目の2013年から181試合に登板し、3度の2桁勝利。今季も10勝をマークしている。ただ、2年続けて防御率は4点台半ば。ここをどう評価されるか。年齢はまだ30歳と若く、こちらも補償が必要なBランクの見込み。3年3億円から5億円が条件面の目安となるか。

・増田達至(西武)
今季成績:48試合5勝0敗33セーブ1ホールド 2.02

西武の守護神として2年連続で30セーブをマークし、今季は無敗でシーズンを終えた。1年目の2013年から怪我なく8年連続で40試合超に登板し、通算でも136セーブ86ホールドをマークしている。リリーフを手厚くしたい球団にとっては是が非にでも欲しい選手か。今季の年俸は1億9000万円(推定)で補償の必要なBランクの模様。3年8億円から5年15億円ほどの大型契約が見込まれるか。

・梶谷隆幸(DeNA)
今季成績:109試合433打数140安19本53点 .323

DeNAのリードオフマンとして、今季リーグ打率2位の好成績を残した。今季はキャリアハイと言える成績をマークしたが、これまでは怪我に泣かされてきている。継続して成績を残してきているわけではなく、そこをどう評価されるか。補償が必要なBランク選手の模様。条件面は3年3億円から3年5億円の間が妥当なラインか。

・井納翔一(DeNA)
今季成績:17試合6勝7敗0セーブ1ホールド 3.94

2014年には11勝をマークし、2012年のプロ入りから大きな故障離脱もなく、コンスタントに登板を重ねている。先発、リリーフともに経験あり。実績面では他のFAになる投手には劣るものの、補償が不要なCランクと見られる。年齢が34歳となっており、2年2億円から3年3億円が条件面の目安になりそう。(Full-Count編集部)