西宮で数の子の出荷が最盛期 ひと足早く迎春準備

©株式会社 サンテレビジョン

西宮市の食品加工工場では早くも正月用の数の子の出荷が最盛期を迎えています。

西宮市の食品加工会社では子孫繁栄の象徴として正月に欠かすことのできない数の子の出荷作業が始まりました。

一般的に数の子には臭みのもととなる薄皮などの除去や、色彩を鮮やかにするために漂白作用のある薬品が使用されますが、コープこうべが手掛ける数の子は、塩水のみで洗浄。 従業員たちがピンセットを手にひとつずつ丁寧に不純物を取り除きます。この数の子は本来の味わいと風味、さくっとした食感が楽しめると評判で贈答品としても人気だそうです。

数の子の出荷作業は12月25日ごろまで続き、今シーズンは170万本の出荷が見込まれていて、コープこうべの店舗で販売されているほか、インターネットで贈答品の注文も受け付けています。