仏ELDIM、amsのセンサを使って40分で新型コロナを検査できる装置を開発

©株式会社マイナビ

lead=仏ELDIMが、amsのスペクトルセンサ「ams AS7341L」を活用し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査を40分で行うことを可能としたシステムを開発したと発表した。

オーストリアamsは、フランスを拠点とする光学測定技術と関連ハードウェア/ソフトウェアプロバイダーELDIMが、amsのスペクトルセンサ「ams AS7341L」を活用し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査を40分で行うことを可能としたシステムを開発したと発表した。

同システムは、臨床現場即時検査に注力するバイオテック分野のスタートアップである仏Loop Dee Science、小型化され常時接続されたフォトニックセンサの設計企業である仏LRX Technologies、産業用光学式リーダーメーカーのELDIM、科学的情報と臨床面の監修を提供する仏カーン・ノルマンディー大学病院によるチームによって開発されたもので、「LoopXplore COVID-19解析キット」と、携帯式の業務用自動診断デバイス「LoopX」で構成されている。

また、同システムは等温増幅技術を用いることで、大掛かりな機器を用いずともウイルスの検出を可能としたほか、高性能かつ高精度なスペクトルセンサを組み合わせたことで、ウイルス粒子の増幅されたRNAの確実なスペクトル分解読出しを実現、これにより高い精度を短い検査時間で実現できるようになったとする。