サツドラHD、北海道東川町と協定。地域振興など協働事業を推進

©株式会社ドラビズon-line

【2020.11.19配信】サツドラホールディングスは11月18日、東川町との間においてオフィシャルパートナー協定を締結した。両者がパートナーシップを構築し、双方が互いの資源や特色を活かした事業に協働して取り組む。新たな社会価値を共創する事業を推進し、多様な連携を通じて、地域の活性化に寄与することを目指す。

協定の内容は「まちづくりや地域の振興、発展に関すること」のほか、「地域住民の健康維持、発展に関すること」、「歴史や文化、観光資源の活用に関すること」、「地域振興を担う人材の育成に関すること」を含んでいる。

同社は、「地域をつなぎ、日本を未来へ。」というコンセプトのもと、北海道や札幌市をはじめとする自治体と各種協定を締結し、相互に連携、協力をすることで、地域の活性化に向けた取り組みを進めている。