モウリーニョvsグアルディオラ!稀代の名将が繰り出す戦術は? 〜第9節プレビュー〜

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

白熱したインターナショナルウィークが明け、プレミアリーグでも激戦必至のビッグマッチが実現。トッテナム・ホットスパー率いるジョゼ・モウリーニョと、マンチェスター・シティと契約延長したジョゼップ・グアルディオラによる名将対決は、凡庸な試合に終わることは決してないだろう。

トッテナムはリーグ優勝できる?ご意見番ネビルは否定するも「モウリーニョならもしかして…」

欠場者情報
トッテナム・ホットスパー
・アイルランド代表マット・ドナーティはインターナショナルウィーク中にコロナウイルス陽性反応を確認。ステフェン・ベルフバインもオランダ代表を体調不良で離脱しており、シティ戦出場は微妙だ。

マンチェスター・シティ
・6月に膝の手術を受け、今月復帰を果たしたセルヒオ・アグエロ。しかしハムストリングを痛め再離脱となり、ジョゼップ・グアルディオラ監督は「ピッチに立つ準備はできていない」と欠場を発表した。
・ラヒーム・スターリングは、イングランド代表でのトレーニングでふくらはぎを負傷。ネイサン・アケーも代表期間中にハムストリングを痛め、トッテナム戦出場は微妙だ。
・スターリングやアケーと同様に、バンジャマン・メンディやフェルナンジーニョも負傷。トッテナム戦までに回復は間に合わないだろう。
・ウクライナ代表に参加していたオレクサンドル・ジンチェンコはチーム内でクラスターが発生したため、コロナウイルス検査の結果次第でピッチに立てない可能性が高い。

グアルディオラ、シティと2023年まで契約延長!最長在任期間の更新に「最高だ」

マッチプレビュー
トッテナム・ホットスパー
今シーズンのプレミアリーグで最も負けなしが続いているトッテナム(5勝2分)。シティ戦に勝利すれば2019年2月マウリシオ・ポチティーノ政権ぶりのリーグ4連勝達成に。またハリー・ケインは今シーズン公式戦14試合で23得点に関与。ジョゼ・モウリーニョはジョゼップ・グアルディオラと24回目の対戦となり、最も敗戦している指揮官だ(10敗)。

マンチェスター・シティ
リーグ屈指の攻撃力を誇るシティだが今シーズンは7試合で10ゴールに留まっており、昨シーズンよりも17得点少ない数字に。直近5試合では複数得点を挙げられていない。頼みの綱は先発濃厚のガブリエル・ジェズスで、公式戦ここ11試合で11得点に関与(8ゴール3アシスト)。さらに3戦連続ゴール中で、トッテナム戦でもネットを揺らせば、2018年4月以来の4戦連続弾となる。

稀代の名将が北ロンドンで激突