長寿村のいり粉菓子 浙江省寧波市

©新華社

長寿村のいり粉菓子 浙江省寧波市

 【新華社寧波11月21日】中国浙江省寧波市寧海県河洪村に住む何如娟(か・じょけん)さんは初冬の時期、88歳の母親のため、いり粉を使った菓子「炒粉糕」作りに取り掛かる。

 炒粉糕は餅米、大豆、ピーナツ、トウモロコシなどから作られており、民間で幸福と長寿をもたらす食べ物と伝えられている。同県では炒粉糕を両親に食べてもらうことが親孝行の象徴とされ、河洪村は「長寿村」として名をはせている。(記者/鄭夢雨)