冬の小値賀おいで 町が補助 1泊3000円引き

©株式会社長崎新聞社

 長崎県北松小値賀町は新型コロナウイルスに関わる経済支援策として、観光客らの宿泊費を1泊につき3千円引きするキャンペーンを実施している。来年2月末まで。予算1800万円に達し次第終了する。
 町は感染拡大防止のため、4月上旬から7月下旬まで島外からの渡航自粛を呼び掛けていた。観光業を活性化させ、休業で収益が減った町内の宿泊業者や飲食店を支援する目的。国の交付金を活用し、割引分を町が補填(ほてん)する。
 計約20の旅館や民宿で、6千泊分に対応する。観光や帰省などで来町した人が対象で、仕事関係は含まない。カードや現金による現地での決済が条件。宿泊数や利用回数に制限はない。
 キャンペーン事務局のNPO法人おぢかアイランドツーリズム協会の担当者は「魚がおいしく、野崎島でのトレッキングにも最適な季節。冬の小値賀を楽しみに来てほしい」としている。問い合わせは同協会(電0959.56.2646)。