平成筑豊鉄道「ことこと列車」 クリスマスは特別仕様

©株式会社西日本新聞社

平成筑豊鉄道(福岡県福智町)のレストラン列車「ことこと列車」が12月24、25日、直方市から田川市までクリスマスバージョンで運行する。JR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九州」を手掛けた水戸岡鋭治さんがデザインした車両で、この日のために考案されたフレンチやピアノの生演奏が楽しめる。申し込みは11月24日午前10時からで先着順。各日30人。

特別フレンチコースは福岡市の人気シェフ福山剛さんが監修し、全て新メニューとなる。福智町産の野菜や、普段のメニューにはないフォアグラ、キャビアなどを使った料理6品を提供する。ウエルカムドリンクは、同町が包括連携協定を結んでいる日本航空(JAL)の機内で出している飲み物が振る舞われる。車内では「ななつ星in九州」でも演奏しているピアニスト畑野圭慧さんによる生演奏もある。

午前11時32分に直方駅を出発、午後4時10分に田川伊田駅に着く。料金は一人1万9800円(税込み)。福岡市のJR博多駅、北九州市のJR小倉駅をそれぞれ発着する無料シャトルバスを運行する。問い合わせはJTB北九州支店=093(521)5956。 (丸田みずほ)