新年早々、爆走で迷走? ホンダと走れ!…シビック特別仕様やヴェゼル次期型

©株式会社イード

ホンダSUV e:conceptはヴェゼル予告?

『driver』(ドライバー)2021年1月号

価格:650円(本体価格591円+税)

発行:八重洲出版

定期刊行物の月号は早くも2021年になりつつある。『driver』1月号、新年一発目の特集は「ホンダ道」。驚きと感動を与え続けてくれたホンダが、最近は元気がないように見える。そもそも“ホンダらしさ”とは何なのか。爆走か、迷走か、特集では過去から現在、未来までをホンダと走る。

特集のトップは「未来」で、コンパクトクロスオーバーSUV『ヴェゼル』の次期型。トヨタの独走は許さない、との見出しが踊る。今の今だと、『シビックタイプRリミテッドエディション』のサーキット試乗、同じく見出しで「前代未聞のフルモデルチェンジ」とされた『N-ONE』新型あたり。輸入車ニューモデル試乗はルノー『ルーテシア』を取り上げているが、これの比較にホンダ『フィット』をあてている。

ホンダの考えを聞きたい、との要望に答えてくれたのは、ホンダの四輪デザインを統括する本田技術研究所デザインセンターの岩城慎エグゼクティブクリエイティブダイレクターHonda担当だ。多様性を許容する、ブランドは見た目ではない---、とキーパーソンは語る。

過去については「ホンダエンジン伝説の名機たち」で歴史を振り返る。Hondaの常識は世界の非常識!?

マツダ『MX-30』試乗記の関連企画として、珍しいドアのクルマを集めている。「集まれドアの森」の見出しは少々苦しいが、上に開くドアを何でも「ガルウィング」とする向きはこの記事で勉強するとよい。

気になる見出し

……●新型スバルBRZがついに見えた●スカイアクティブXのアップデート版に乗った!●爆走か、迷走か 行けばわかるさ「ホンダ道」●GRヤリスを公道に解き放つ!●トヨタのFCV、2代目ミライに試乗●RAV4がオフロードにさらに強くなった?●マツダの異端児、MX-30の走りは……!!