ブルベ夏タイプの眉メイクにも!ピンク~パープル系の「ほんのり赤み眉」がイチオシ

©株式会社オールアバウト

眉は顔の額縁といわれるように、顔の印象を左右する重要なパーツです。短めの下がり眉はかわいい感じ、眉山を強調したアーチ眉は大人っぽいイメージにというように、形によって印象ががらりと変わりますよね。

形と同じように色も重要で、髪の色、瞳の色に合わせるのが基本ですが、アイシャドウとのバランスも大切です。

私は、ピンク系やパープル系のアイシャドウをつけた日は、眉にもほんのり赤みを足して、バランスをとるようにしています。

ブルベ夏タイプにぴったり! 抜け感のある「ほんのり赤み眉」がイチオシ

私自身、髪の毛の色を明るめにしてから、眉メイクの色の選択肢が広がってきました。髪の色に合わせて眉も明るめに仕上げたり、瞳の色に合わせて暗めにしたり。

また、私のパーソナルカラーはブルーベース、サマー(夏)タイプなので、ピンク~パープル系のアイシャドウを使うことが多く、眉にもほんのり赤みを足すと一体感が生まれます。

以前は、眉に赤みやピンクの色味を足したいときはアイシャドウを使っていましたが、アイブロウのカラバリにも、赤みブラウンやピンクベージュなどが揃ってきました。私はパウダー、マスカラ、ライナーの3タイプのアイブロウを使って、ほんのり赤み眉を楽しんでいます。

ブルベ夏タイプでなくても、ピンク~パープル系のメイクをする際や、髪の色と合わせたり抜け感を出したりする際に活用できるはず。

プチプラのドラッグストアコスメとデパートブランドのコスメ、それぞれにイチオシのアイテムがあるので2点ご紹介します。

Visee「アイブロウパウダー」はベストコスメ受賞のプチプラアイブロウ

濃淡の3色がセットされたViseeの「アイブロウパウダー」は全3種。私が愛用している赤みブラウンのBR-3は、ベストコスメの受賞歴がある人気商品です。

付属のブラシの小さい方に上段の濃いブラウンをとり、眉の輪郭を描きます。次にブラシの大きい方に中央の赤をとり、眉全体にオン。下段のピンクベージュはノーズシャドウです。ブラシの大きい方にとって眉頭から小鼻にかけてつけると、自然な陰影が生まれます。

__DATA
Visee┃アイブロウパウダー__

カラー:BR-3

RMK「Wアイブロウカラーズ」はWエンドタイプのアイブロウライナー

RMKの「Wアイブロウカラーズ」は、眉毛全体のトーンをととのえるマスカラと、1本1本を繊細に描けるライナーのWエンドタイプ。カラーバリエーションは4色で、私は04レッドブラウンを愛用しています。

マスカラのブラシは小回りのきくコンパクトタイプ。眉毛はしっかり色づくのに、肌にはつかないように設計されています。毛流れをととのえながら、立体感のある眉に仕上げていきしょう。ライナーは描きやすい平筆タイプ。眉のすき間を埋めるように、ライナーで色を足していきます。

__DATA
RMK┃Wアイブロウカラーズ__

カラー:04レッドブラウン

内容量:5.4g

眉は顔の印象を決めるとても重要なパーツ。ニュアンスや抜け感がほしいときは、ほんのり赤み眉にチャレンジしてみてくださいね。