小田急、参宮橋駅の改良工事を11月25日に完了 GSEモチーフのノベルティプレゼント

©Traicy Japan Inc,

小田急電鉄は、2018年11月から実施している参宮橋駅の改良工事を、11月25日に完了する。

改良工事のコンセプトは「木と緑に溶け込む『杜』の玄関口」で、ホーム上家の柱や天井面、改札口上部などに「東京の木 多摩産材」をふんだんに使用した。また、西口の駅前空間の拡大や、東口の新改札設置、トイレの増設、ベビーシートの設置などを行った。さらに、参宮橋商店街の店を紹介する案内板を西口改札外に設置したほか、「多摩産材」の魅力を発信するためのPR看板を上下ホームに設置した。

工事完了を記念して、「多摩産材」で制作した、特急ロマンスカー・GSEをモチーフとしたノベルティを配布する。11月28日から、西口改札窓口にて、先着で500個を配布する。