社会情報大学院大学、日本で初めて実務家教員を養成する研究科を2021年開設へ

©大学ジャーナルオンライン

学校法人先端教育機構・社会情報大学院大学は、文部科学省の認可により、日本初の実務家教員の養成等を担う専門職大学院研究科「実務教育研究科」を2021年4月より開設する。

society5.0、人生100年時代などと表される現代社会において、自らが実務領域の専門家となるだけではなく、実務経験を新たな知の体系へと昇華させ、伝承・承継する能力が、あらゆる領域に求められている。そこで、社会情報大学院大学では「実務教育研究科」を設置し、今後の知識社会を支える基盤となる、実践知を教育へ昇華する人材を育成するとともに、知識社会学を基盤とした新たな知の形成と、教育・人材育成分野の最先端の知見について、理論と実践の両面を学びつつ、自らが新たな学びを社会に提供できるリーダーとなるための研究を行う。

「実務教育研究科」では、実務家教員のほか、組織内での暗黙知を形式知化・体系化し人材開発や知識経営を担う者や、公教育に先駆け新たな学びを生み出す民間教育事業者なども広く対象としており、2年間の課程を修了することで実務教育学修士(専門職)が授与される。授業日は平日夜間と土曜日。また、実務教育研究科および広報・情報研究科は、2021年度からオンライン入学を開始。全国から入学・履修が可能となる。

社会情報大学院大学では、2018年より開始した短期プログラムの「実務家教員養成課程」などで、大学等の実務家教員輩出や、2019年に文部科学省のSociety5.0に対応した高度技術人材育成事業である「持続的な産学共同人材育成システム構築事業」に中核拠点校として採択される等、実績が評価され、修士課程の認可へと至った。

参考:【社会情報大学院大学】社会情報大学院大学は人生100年時代における新たな教育を探究する新研究科「実務教育研究科」を2021年4月より開設

投稿 社会情報大学院大学、日本で初めて実務家教員を養成する研究科を2021年開設へ大学ジャーナルオンライン に最初に表示されました。