トキ鉄の仕事、わくわく 子ども見学ツアー

©株式会社新潟日報社

鉄道について楽しく学んだ「トキ鉄わくわく仕事見学ツアー」=21日、上越市

 子どもたちに地元の鉄道を知ってもらおうと、「トキ鉄わくわく仕事見学ツアー」が21日、新潟県上越市の直江津駅などで開かれた。児童たちは普段見ることができない鉄道の裏側を興味深そうに見て回った。

 県や沿線自治体などでつくる「えちごトキめき鉄道活性化協議会」の主催。児童たちに将来にわたって鉄道を利用してもらうことを期待し、企画した。

 この日は小学校1~3年の児童と保護者が対象で、14組28人が参加した。子どもたちはトキ鉄の職員に案内され、駅で自動改札機の内部構造などを見学。回送列車にも乗せてもらい、車両が洗浄される様子を車内から眺めた。また車両置き場で、児童たちは真剣な表情で台車部分をのぞき込んだり、写真を撮ったりして鉄道に親しんでいた。

 児童の一人は「改札機の中など、初めて見るものがいっぱいあって楽しかった」と笑顔で話した。