道内で245人感染 旭川厚生病院でクラスター

©HTB北海道テレビ放送株式会社

22日も道内新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。 道内の新型コロナの感染者は245人と5日連続で200人を超えました。

また3人が死亡しました。

「旭川市保健所川辺仁地域保健担当部長は会見で「旭川市内で新型コロナウイルスに関連した感染症患者40人を確認しました。

公表した中でも一番大きな数字になります」と語りました。

22日旭川市では20日の21人を大きく上回る過去最多の40人の感染が判明しました。

コロナの陽性患者を受け入れてきた旭川厚生病院で29人に上るクラスターが発生。

先ほど旭川市と厚生病院による会見が行われました。

旭川厚生病院では20日看護師1人の陽性が確認されたことを受けて、濃厚接触者を検査した結果、2つの病棟で患者16人、職員12人の感染が明らかになりました。

感染者が出た病棟はコロナ患者を受け入れた病棟とは関係のない泌尿器科や外科病棟だということですまた札幌市では市立札幌病院に勤務する40代と30代の男性職員2人が感染していることがわかりました。

2人とも事務職員で病院を訪れる人と接触する仕事ではないということですまた札幌市内の3つの小中学校でも感染が確認されています東区の東光小学校で3人中央区の伏見中学校で1人南区の南が丘中学校で1人でいずれも消毒を終え学級閉鎖を行うということです。

ほかにも札幌市では3人が亡くなり153人が新たに感染しました。

きょう1日の感染者は道内あわせて245人となっています。

(c)HTB