堀ちえみ、「腕の筋肉が…」原因不明の痛みを明かし心配する声が続出

©メディアシンク株式会社

堀ちえみ(53)が16日に自身のブログを更新して話題になっている。

堀は昨年2月に舌癌に罹っていることを公表。ステージ4との診断だったが、舌の6割を切除する手術を受け、現在では芸能活動復帰も果たしている。

そんな堀はこの日、「なんか腕の筋肉が痛いです。最近軽い筋肉痛のような痛みが、全身にあります。2ヶ月ほど前から気になっているのですが、まぁ明日はリウマチの診察があるので、先生に話して診て頂こうと思っています。」とつづり、持病のリウマチとは違う痛みに悩まされていることを明かした。

この翌日、堀は『バイキングMORE』(フジテレビ系)で症状について電話取材を受けていたのだが、ネット上からは「なんか前回の舌癌のこともあるし、はっきり診断されてからブログとかテレビ取材を受けた方がいい」「心配されて欲しいだけだね」「もちろん深刻な病気じゃないといいけど、なんでもなかったですってなったとき、みんなちょっと引くかも」といった声が寄せられていた。

そして17日の夜に更新したブログには「関節が固まって筋肉が引っ張られて、腕の上部に痛みが出ているそうで…長い間、整体に行ってないからなぁ」とつづり、深刻な病気ではないよう。この報告に「よかったけど…。やっぱり早くにブログ報告しなくてもよかったね」「ほら見ろ!って言うと誹謗中傷になっちゃうかな…」といった声が。

今までに舌癌やリウマチなどといった深刻な病気と闘ってきている堀。今回の関節の痛みも多く人が心配をしていたが、一部には明かすのが早すぎと思う人もいたようだ。