島原市長に古川氏3選 2期連続の無投票

©株式会社長崎新聞社

無投票での当選が決まり、支援者と万歳と拍手で喜ぶ古川隆三郎氏(中央)=22日午後5時11分、島原市西八幡町の事務所

 任期満了に伴う島原市長選は22日告示。現職の古川隆三郎氏(64)=無所属、自民、公明推薦=のほかに立候補の届け出はなく、古川氏の3選が決まった。古川氏は2期連続の無投票当選となった。
 古川氏は2003年から同市議を務め、08年の市長選に立候補したが落選。2度目の挑戦となった12年に初当選。前回は無投票再選した。2期目は少子化対策として、保育所や幼稚園に通う3~5歳児の副食費支援、イオン島原店建て替えに伴う市中心部の再開発、防災拠点機能を担う市役所新庁舎の整備などに取り組んだ。9月定例市議会で3選出馬を表明していた。
 22日午後5時すぎ、同市西八幡町の事務所に姿を見せた古川氏は、集まった支持者と万歳と拍手で喜びを分かち合い、「無投票という形での負託に重責を感じている。与えられた仕事は大きいが、島原半島発展のために4年間頑張っていきたい」と意気込みを述べた。(大田裕)

 【略歴】県土地改良事業団体連合会会長、島原半島防衛協会会長、日本ジオパークネットワーク副理事長、元市議▽福岡工業大卒(3)