羽鳥慎一『逃亡者』で本人役 渡辺謙からのオファーに「大変光栄」

©株式会社マイナビ

フリーアナウンサーの羽鳥慎一が、俳優の渡辺謙と豊川悦司が出演するテレビ朝日系スペシャルドラマ『逃亡者』(12月5日・6日 21:00~)に本人役で出演することが23日、明らかになった。

渡辺が妻殺しの容疑を晴らすため逃亡するエリート外科医・加倉井一樹を演じ、豊川はその加倉井を追い詰める刑事・保坂正巳を演じる同作。

プライベートでも羽鳥と親交のある渡辺が、「ワイドショーのシーンが登場するならば、ぜひ羽鳥さんにお願いしたい」とオファーしたことから、今回の出演が実現した。

撮影は同局系情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』(毎週月~金曜8:00~)の生放送終了後、スタジオを借りてそのまま行われ、アシスタントを務める斎藤ちはるアナウンサーも登場。さらに、同番組のコーナー担当・野上慎平アナウンサーも中継リポーターとして出演する。

「おはようございます。まずは今、日本中を騒がせているこのニュースからです」と、加倉井が逃走中というトップニュースを緊迫したムードで伝えるシーンに挑戦した羽鳥。「本当にほんの少しだけ、普段のアナンサーの役割で関わらせていただきました。大変光栄です」と恐縮しながらも、「私の中では、“世界の渡辺謙さん”と共演したという認識で、これから生きていきたいと思います」と話していた。