清津峡トンネル、繁忙期は予約制 十日町市、21年度以降 12月から試験運用

©株式会社新潟日報社

絶景スポットとして人気を集める清津峡渓谷トンネル=3月、十日町市小出

 新潟県十日町市は、大地の芸術祭作品として人気がある清津峡渓谷トンネルの繁忙期の混雑を解消するため、2021年度に入場券の予約購入システムを導入し、入場者数を制限する。今年12月から来年3月までは試験的に実施する。

 試験運用の期間中は、土、日曜と祝日が予約システムの対象。大型車両用の駐車区画を利用する団体は、事前に駐車場利用申込書を同トンネル管理事務所に提出する。それ以外の団体と個人は、清津峡の公式ホームページなどから入場する日時を指定して予約する。

 21年度以降は、4月25日~5月10日、8月1~31日、10月25日~11月10日、12月1日~3月31日や、大地の芸術祭開催期間中に予約が必要となる。

 市は「週末や連休などを中心に、繁忙期にはトンネル内での混雑や、駐車場不足による交通渋滞が発生している。予約制を導入することで快適に鑑賞してもらえるようにしたい」としている。

 問い合わせは同トンネル管理事務所、025(763)4800。