立憲民主党沖縄県連が発足 代表の屋良衆院議員「前へと進む政治を」

©株式会社沖縄タイムス社

沖縄立憲民主党の代表に就任し、決意を述べる屋良朝博衆院議員=23日、那覇市・沖縄ハーバービューホテル

 立憲民主党は23日、県組織となる立憲民主党沖縄県連を発足した。那覇市内で開いた結成大会で代表に就任した屋良朝博衆院議員=沖縄3区=は野党第一党として米軍基地や沖縄の経済、福祉問題の解決に取り組む姿勢を示した。

 屋良氏は「沖縄立憲民主党は基地や経済問題で現状の変更を求める議論をする」と強調。「ハレーションは起きるだろうが、議論に臆病であってはいけない。前へと進む政治を目指す」と決意表明した。

 大会に出席した枝野幸男党代表は基地問題に言及し「米国との交渉は簡単ではないが、期限を切らず米国と交渉を進めれば沖縄の思いを届けることはできる」と述べ、米側との交渉に臨む姿勢を示した。

 また、民主党政権時代を振り返り「沖縄のみなさんに期待を持たせながら応えられなかった。反省と教訓を生かすことで今度はしっかりと期待に応えたい」と述べた。政権交代に向け、次期衆院選では沖縄の全選挙区で「オール沖縄」勢力候補の当選を目指す考えも示した。

 幹事長に大城竜男南城市議、政調会長には清水磨男那覇市議が就任。代表代行には喜友名智子県議、有田芳生参院議員、副代表兼選対委員長には國仲昌二県議が就いた。

沖縄立憲民主党結成式であいさつする立憲民主党の枝野幸男代表=23日、那覇市・沖縄ハーバービューホテル
沖縄立憲民主党の結成を祝う屋良朝博衆院議員(左から5人目)ら役員と、立憲民主党の枝野幸男代表(同4人目)=23日、那覇市・沖縄ハーバービューホテル