横浜市のごみ収集車、オートバイと接触 バイクの男性、骨盤を骨折

©株式会社神奈川新聞社

 横浜市は23日、市のごみ収集車がオートバイと接触し、30代男性がけがを負う事故があったと発表した。

 市資源循環局によると、同日午前9時45分ごろ、同市西区元久保町の市道で、40代男性職員が運転する収集車が家庭ごみを回収するため左折しようとしたところ、後方から直進のオートバイと接触。オートバイは転倒し、運転していた男性が骨盤を骨折するなどした。

 同局は「通常通り後方確認を行ったが、緩いカーブとなっており、不十分だった」と説明している。