都城農高生徒と共に酪農学ぶ 民間企業研修

©株式会社宮崎日日新聞社

都城農業高で酪農実習に励む下鶴紀哉さん

 都城市・都城農業高(萩原浩二校長、592人)は本年度、民間企業の社員研修を初めて受け入れた。地元事業所の新入社員2人がそれぞれ2週間、酪農について学習。同校によると、県内の公立高校で民間企業が研修するのは珍しいという。