神経再生、効率化の新手法を開発

慶応大のチーム

©一般社団法人共同通信社

 慶応大のチームは23日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を神経組織の一部に効率的に成長させて再生する手法を開発したと発表した。脊髄損傷のマウスに移植し、股や膝の関節がスムーズに動くようになることを確認したという。

 チームはiPS細胞を使う別の手法の臨床研究も進めている。神山淳准教授は「将来は脊髄損傷の状態に応じて移植する細胞を使い分け、治療効果を高めたい」と話す。

 成果は米科学誌に掲載された。