新型ノートがまもなく登場?! その存在はあまりにも革命的だったコンパクトカー3選

©株式会社MOTA

2020年はホンダ 新型フィットやトヨタ 新型ヤリスが発売され、国産コンパクトカー市場は近年稀に見る盛り上がりを見せています。そして、ついにライバル勢に対抗すべく日産 新型ノートの登場があるとかないとか!? そこで今回は、それまで“安っぽい・狭い”という印象だったコンパクトカー市場に、革命を起こしたモデル達を振り返っていきましょう。

日産 初代ノート(E11型)

コンパクトカーにも質感を求め多くの人が驚いた! トヨタ 初代ヴィッツ

1999年にデビューしたトヨタ 初代ヴィッツは、ワンモーションデザインの外装に加え、外観からは想像できない広くおしゃれな内装など、安さ重視だったコンパクトカーに上質な質感という概念を取り入れ、多くのユーザーを振り向かせました。

エンジンは、1.0リッター/1.3リッター/1.5リッターがラインナップされ、がラインナップされ、スポーツグレードの「RS」やアイドリングストップ機構を備えた「エコパッケージ」など多くのバリエーションを展開。世界戦略車として開発されていたこともあり、日本市場のみならず、コンパクトカーの強豪がひしめくヨーロッパで高い評価を獲得しました。

初代ヴィッツのココがスゴい

トヨタ 初代ヴィッツは、丸みを帯びたワンモーションのスタイルを採用した斬新な造形が特徴です。緩やかな弧やカーブをモチーフとした造形はインテリアにも取り入れられ、当時としては珍しいデジタルセンターメーターを採用していたことも目新しさがありました。

さらに、タイヤの位置をできるだけ四隅に追いやり、ホールベースを長く取ることで室内スペースやリアシートの居住性を確保。コンパクトカーとは思えない広い室内空間を実現し、後に登場するホンダ 初代フィットをはじめとして、他メーカーに大きな影響を与えました。

トヨタ 初代ヴィッツの中古車相場

■全長×全幅×全高:3610mm×1660mm×1500mm ■エンジン:直列4気筒 997cc ガソリン ■最高出力:70PS/6000rpm ■最大トルク:9.7kg・m/4000rpm ■トランスミッション:5速MT ■駆動方式:FF ■販売期間:1999年~2005年 ※スペックは、1999年式 1.0U

■中古車掲載台数:62台

■中古車相場:8.8万円~83万円

※中古車掲載台数および相場は、2020年11月21日時点のデータ

広くてフラットな荷室が便利! ホンダ 初代フィット

先行してヒットしていたトヨタ 初代ヴィッツから遅れること2年。2001年にデビューした初代フィットは、ホンダのコンパクトカー「ロゴ」の後継車種として登場しました。ロゴよりもボディサイズをひとまわり大きくし、立体駐車場にギリギリ収まる1550mm以下の高さにより優れた居住性を確保しています。

さらに、乗降しやすい高さに設定されたシート、床下格納できるリアシート、フラットなラゲッジスペースなど、使い勝手と利便性を追求。また、ライバル・ヴィッツとは異なるシャープな出で立ちだったこともウケ、2002年度(2002年4月~2003年3月)には約26万台を売り上げ、年度の累計販売台数1位を獲得するほど大ヒットモデルとなります。

ホンダ 初代フィットのココがスゴい

ホンダ 初代フィットのスゴいところは、ホンダ独自のセンタータンクレイアウトを採用した新プラットフォーム「グローバル・スモールプラットフォーム」を使い、居住性と使い勝手を高めていることです。従来の後席やラゲッジの床下に設置される燃料タンクを前席の床下に移動したことで、特に後席やラゲッジスペースの室内高を確保。その結果、背の高い物を積みやすくなったのはもちろんのこと、頭上の空間が広がったことで、見た目以上に窮屈感のない車内環境を実現しています。

また、当時1.3リッターモデルでは燃費23.0km/L(10・15モード)という省燃費を実現したことに加え、前述した最新のパッケージングでイチから開発されたにもかかわらず、117.2万円(消費税込み)からというお買い得な価格設定も高く評価されたポイントです。

ホンダ 初代フィットの中古車相場

■全長×全幅×全高:3830mm×1675mm×1525mm ■エンジン:直列4気筒 1339cc ガソリン ■最高出力:86PS/5700rpm ■最大トルク:12.1kg・m/2800rpm ■トランスミッション:CVT ■駆動方式:FF ■販売期間:2001年~2007年 ※スペックは、2001年式 1.3W

■中古車掲載台数:207台

■中古車相場:2.5万円~44.9万円

※中古車掲載台数および相場は、2020年11月21日時点のデータ

1.5リッターエンジンで勝負! 日産 初代ノート

2005年にデビューした日産 初代ノートは、上質さを売りに先行して販売されていたハッチバックモデル「ティーダ」をベースに開発。5ナンバーのコンパクトサイズでありながら、ルーフやボディサイドの絞り込みが少ないスクエアな形状でゆとりのある室内空間を実現しています。

また、エンジンは1.5リッターのみをラインナップし、ライバルとなるトヨタ ヴィッツやホンダ フィットとは一線を画すキャラクター付けがされていました。

初代ノートのココがスゴい

日産 初代ノートは「低燃費系でビュンビュン系」といった当時のTVCMのコピーにもあるように、低燃費かつ力強い走りが特徴です。トランスミッションには、CVTを採用しスムーズな走行を実現しています。

また、ホイールベースはライバルよりも長い2600mmを確保(初代ヴィッツ:2370mm/初代フィット:2450mm)したことで、座席のスペースに余裕が生まれ、「2段トランクモード」「オープンモード」「たっぷりモード」「イージーフラットモード」の4つのモードに切り替えられる使い勝手の良いラゲッジルームを備えていました。

日産 初代ノートの中古車相場

■全長×全幅×全高:3990mm×1690mm×1535mm ■エンジン:直列4気筒 1498cc ガソリン ■最高出力:109PS/6000rpm ■最大トルク:15.1kg・m/4400rpm ■トランスミッション:CVT ■駆動方式:FF ■販売期間:2005年~2012年 ※スペックは、2005年式 1.5RX

■中古車掲載台数:782台

■中古車相場:12.8万円~89.3万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年11月21日時点のデータ