引きこもり9年、「白髪に気付いた」40代男性が部屋を出て…正社員に 「背中押してもらった」ケアと就労支援のタイミング

©株式会社南日本新聞社

就労体験で小松菜を収穫する男性(左)=10月、鹿児島市

 35歳から50歳未満の就職氷河期世代で、長期間無業状態にある人たちへの就労支援が課題となる中、9年間家に引きこもっていた鹿児島県内の男性(43)が、県の就職促進事業を通じて正規職員となり今秋から働き始めた。「背中を押してもらった」と語る男性の表情は明るく、「経済的にも安定したい」と意気込んでいる。

 男性は、バブル経済崩壊後の就職氷河期(1993年~2004年ごろ)に県内の高校を卒業。正社員として就職したが、勤務先はいわゆる“ブラック企業”だった。休日はほぼなく、長時間労働が当たり前の職場。激務が続き、脳梗塞で倒れたことも。何とか15年ほど勤めたが、メンタル面の不調で出社できなくなると、事実上解雇された。

 県内の実家に戻った当初は周囲の目もあり、「働かなければ」という気持ちもあった。ところが、次第に部屋にこもるようになったという。家族とも話さなくなり、いつしか声も出なくなった。

 それから9年。60代の親が病気で働けなくなり状況が一変した。男性の今後の生活を心配した親族が役所に相談。相談員が派遣され話をするようになった。男性は「自分の白髪が増えたことに気付き、このままでは一生動けなくなると思った。ここで部屋から出るしかないと背中を押された」と振り返る。

 男性は、県の就職促進事業「35(サンゴー)就労チャレンジ!!」の一環として、9月末から鹿児島市内の農園で就労体験をすることに。黙々と小松菜の収穫に励んだ。1日2千円の日当が支払われ、「働いているという実感が湧いた」。就労意欲を取り戻した。

 当初は、民間会社が受け入れる予定だったが、男性の運転免許が失効していたため、話は流れた。そんなとき、同事業を県から受託し男性を支援していたNPO法人ワーカーズコープ(同市)が、男性の就労への強い意志を確認し、正規職員として採用。11月から関連施設で働き始めた。

 「手を差し伸べてもらうタイミングがよかった。周囲の助けがなければ、引きこもり生活から抜け出せなかった」と男性は語る。

 男性と面談した同NPO法人の精神保健福祉士竹田寿昭さん(66)=同市=は「背中を押すタイミングがいいとうまく就労につながる」と説明。「引きこもっている人にどう働きかけるかが大切。事前に家族が専門家の意見を聞くなどし動き出す時機を見極めてほしい」と話す。

 事業の問い合わせや相談は「35支援室・鹿児島」=099(297)4949、大隅=0994(37)5639。要予約(平日午前8時半~午後5時半)。