京都丹後鉄道、11月25日からVisaのタッチ決済を導入 きっぷを買わずに利用可能

©Traicy Japan Inc,

WILLERなど5社は、Visaのタッチ決済によるキャッシュレス決済サービスを、11月25日から京都丹後鉄道で開始する。

乗車時と降車時に、駅や車内に設置された読取端末のVisaタッチリーダーに対応カードをかざすことで、運賃の決済が完了する。車両のGPSを活用することにより、均一運賃だけでなく、距離制運賃の決済も可能とする。利用履歴は、ウェブサイトから確認が可能。

今後、MaaSアプリや鉄道、バスを含む様々な交通サービスへの提供も検討しているという。