米政府機関、政権移行を承認 バイデン陣営「数日中に協議開始」

©ロイター

[ウィルミントン/デトロイト/ワシントン 23日 ロイター] - 米政府機関の一般調達局(GSA)のマーフィー長官は23日、大統領選で勝利を確実にした民主党のバイデン前副大統領に書簡を送り、政権移行のプロセスを正式に開始できると通知した。

トランプ大統領もツイッターに、GSAが政権移行開始を承認することを許可したと投稿した。

GSAのマーフィー長官が大統領選の勝者を認定しない限り、バイデン陣営には予算や政府施設、情報などが提供されないため、議会や財界関係者は認定を急ぐよう求めていた。

大統領選の激戦州ミシガン州ではバイデン氏の勝利が確定。選挙結果を覆そうとしているトランプ大統領への逆風が強まっている。

トランプ氏はツイッターで「エミリー(・マーフィー長官)とそのチームに最初のプロトコルに関して必要なことを行うよう提言し、私のチームにもそうするよう指示した」と述べた。

今回の決定により、バイデン氏の政権移行チームは公費と政府施設の利用が可能になるほか、国家安全保障に関する情報も定期的に提供される。

バイデン氏の政権移行チームは「数日中に新型コロナウイルス対策について連邦政府当局者との協議を開始する」と表明。国家安全保障などの問題についても協議を始める方針を示した。

GSAのマーフィー長官は、今回の決定について「私が1人で決めたものだ」と書簡で表明。「ホワイトハウスを含め、行政府から、今回の決定の延期や迅速化について直接・間接の圧力は受けていない」と述べた。