今田美桜の「ロボットをたくさん買いたい」発言に妻夫木・吉岡・成田・矢本が巻き込まれる!?

©株式会社フジテレビジョン

11月24日(火)、「『年末ジャンボ宝くじ』『年末ジャンボミニ』発売記念イベント」が開催。CMに出演する妻夫木聡、吉岡里帆、成田凌、矢本悠馬、今田美桜が登壇した。

目の前に1等前後賞の当選総額である10億円が用意され、そこにかけられた幕を5人で降ろすと、突如「ありがとうございます!」と叫ぶ矢本。妻夫木に「違う、違う」とツッコまれると、「え、2億ずつ(もらえるん)じゃないんですか?」と、トボけて笑いを誘う。

10億円がステージから下げられたあとも、「まぁ、置いてある場所覚えたので」と怪しくつぶやき、「こいつ、危ないな」と、総ツッコミを受けていた。

続いて「10億円当たったらやりたいこと」というテーマでトークをすることに。

今田が「ロボットをたくさん買う」と答えると、周りからは「かわいいなぁ」の声が。「家事が苦手なので、ロボットに代わってもらいたい」と説明するが、「洗濯担当、洗濯物を畳む担当、という風に、家事ひとつひとつをロボットがそれぞれ担当する」と詳細を明かすと、「それぞれ別なの!?」「ロボット多すぎない?」「自分の居場所がなくなると思う」と総ツッコミを受ける事態に。その結果、「全部を一台でこなせるロボットを開発する」に変更した。

矢本は、「ロボットのあと、嫌だなぁ」と苦い顔を見せつつ、「両親と自分の家族に都内で家を買いたい」と書かれたフリップを公開。そこに「超合金でできた家なので、両方ロボットで。つまり、家型ロボットを買います」と付け加えた。

さらに成田も「映画を作りたい」と書かれたフリップを見せつつ、口頭では「ロボット映画を作りたい」と、ロボットネタを引っ張り、「俺たち一体どうすれば…」(妻夫木)、「変な汗かいてきた」(吉岡)と、残る2人を追い詰める。

そして吉岡は「そんなロボット映画を」と前置きし、「学生の多いエリアで、自主映画を無料で流せる映画館を全国に作る」と回答。「学生時代に自分も自主映画を作ってきたので、そういう、夢を追える環境を作れたら」と、ロボットネタに乗っかりながら、真面目に語った。

トリを務めた妻夫木は「家を建てる!さらに別荘も建てる!」と回答し、「すみません、現実的で…」と苦笑い。「そんな目で見るなよ、兄ちゃんを!『もっと面白いこと言え』みたいな目で見るな!」と、他メンバーに噛み付くが、「あ、ロボットの家ならそのまま移動もできるので、別荘を持つ必要なくなりますね!」と言い、結局、トークはロボットネタに終始した。