NTT西日本、京都府精華町でオンデマンド型乗り合いバスの実証実験を開始

©株式会社自動車新聞社

NTT西日本は24日、京都府相楽郡精華町の一部地域でオンデマンド型乗り合いバスによるラストワンマイルモビリティの実証実験を開始すると発表した。

対象地域となるのは、同町内の精華・西木津地区。この地区では公共交通機関で街の隅々まで自由に移動することが難しく、短距離の移動にも自家用車が利用される傾向にある。そうした環境では、特定路線での交通渋滞の発生、運転免許返納後の高齢者等の移動手段不足などさまざまな交通課題が存在する。このような人たちに向けてラストワンマイルの交通手段を提供することを目指す。

今回の実証実験は、国土交通省主催のスマートシティモデル事業の先行モデルプロジェクトである「スマートけいはんなプロジェクト」に基づく取り組み。自家用車の代わりとなる乗り合い型のデマンドバスを無償提供し、ラストワンマイルモビリティ事業の採算性、運用効率性、周辺商業施設などと連携した価値提供の可能性、利用者の満足度を検証する。

NTT西日本は、11月24日から12月18日まで今回の実証実験を行う。実証実験の企画、運行計画の作成、運行データ分析をNTT西日本が担当。京都府が、関係各署との調整、情報管理、広報を通じた住民理解の促進を行う。実証実験の対象地区である精華町は、府と同様に関係各署との調整支援、広報を通じた住民理解の促進が主な役割だ。この他にもプロジェクト参加企業の関西電力が電柱への停留所表示、関西学研都市交通が車両運行に協力する。

実証実験の結果をもとに、NTT西日本は住民の移動を促して地域経済を循環させるためのモビリティの利便性向上と最適化に取り組む。中長期的にはモビリティを核として、暮らしを快適にするプラットフォームの構築を目指す方針だ。なお、今回の実験は、新型コロナウイルス感染拡大等の影響により、事前の予告なく中止する可能性があるとしている。

実証実験実施場所