吉田羊“キングオブクズ”『恋する母たち』さらなる胸クソにドン引き

©株式会社日本ジャーナル出版

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

11月20日、女優の木村佳乃主演のドラマ『恋する母たち』(TBS系)の第5話が放送された。作中一番のクズと話題だった吉田羊演じる母親のさらなるクズエピソードが発覚し、視聴者の間でざわめきが起こっている。

ドラマの原作は、漫画家・柴門ふみ氏による同名の人気作品。主人公・石渡杏(木村)は、旅行代理店で働く夫と1人息子の3人で何不自由ない生活を送っていたが、ある日突然、夫が失踪し生活が一変。その後、息子をシングルマザーとして育て、有名進学高校に入学させたという役どころだ。杏は、家庭がうまくいっていない2人のワケあり妻、蒲原まり(仲里依紗)、林優子(吉田羊)に出会って…というストーリー。

優子は過去に不倫経験があり、一度、夫のシゲオ(矢作兼)にバレて怒られるも、許してもらっている。しかし現在、今度は部下の赤坂剛(磯村勇斗)と不倫関係に。そして第5話では、自宅近くの路上で赤坂と濃厚なキスをしているところをシゲオに目撃されてしまった。

その後、優子とシゲオは話し合いをする。シゲオは怒りながらも「俺は優子ちゃんの世界一の理解者でファンで、応援団だから…」「理解者はいつまでたっても理解者で愛されはしない。恋しいとは思われない」と、寂しそうに口にする。そして、こんな状態がもう耐えられないと嘆き、1人息子の大介(奥平大兼)を連れて故郷の与論へと戻ると伝えた。

「話が進むごとに吉田羊のクソっぷりが露呈…」

1人東京に残ることになった優子だが、ママ友の杏とまりとのお茶会の中で、さらなる衝撃の事実を明かす。それは、シゲオと大介に血のつながりがないこと。優子はもともと会社の上司と不倫をしていて、その状況から抜け出すためにシゲオと婚約したという。しかしそのタイミングで妊娠が発覚。それでもシゲオは、「その子は僕の子として入籍するから結婚しよう」とすべてを受け入れてくれたという。さらに、仕事が楽しい優子の代わりに、ほとんど1人で大介を育てたというのだ。

このように第5話では、シゲオのけなげな優しさと、優子の身勝手ぶりがさらにあらわになった。ネット上では優子に対して、

《優子がキングオブクズ》
《優子は結婚のきっかけから夫に助けられてるのに、何度も裏切るとかクズい》
《シゲオ…優子なんて置いて私と再婚しよう…林優子は世界のぐうクズNo.1》
《よくそんな優しい夫を裏切れるな》
《話が進むごとに吉田羊のクソっぷりが露呈》
《羊、本当に最低。ドラマなのにドン引き…》

などといった怒りの声が上がっている。

一体、優子はどこまで株を下げるのだろうか。次のクズエピソードに期待したい。