「吃音?」ごめんね…気付けなくて。上の子がスムースに話せなくなって

©株式会社ベビーカレンダー

下のお子さんが生まれたり、引っ越しで新しい環境になったせいか、上の息子さんに吃音が出始めたそうです。ワンオペ育児で余裕がなかったお母さんでしたが、改善に向けて全力で息子さんをサポートしていった体験談です。

下の子が生まれて環境の変化があったり、引っ越しや一時保育に通うようになったりしたせいか、長男に吃音が出始めました。こういった変化が負担になっているのかもしれないと思い、長男の気持ちを優先し改善を目指してサポートしていった経験をお話しします。

環境の変化も負担になっていた原因の1つ

長男が2歳を過ぎたころ、次男が生まれ環境が変わりました。イヤイヤ期でまだまだ甘えたい長男でしたが、生まれたての赤ちゃんがいるのが当たり前の生活になりました。そして私のワンオペ育児のストレスを少しでも減らすために、長男を一時保育に通わせることに。

しかし、少ししてから引っ越しをすることになり、長男は新しい保育園の一時保育に変わりました。私たち親の勝手な行動で環境の変化が目まぐるしく、このときから少し不安定になってしまったのかもしれません。

じょうずに話せていたのに吃音が出るように

長男はある程度話せる言葉が増えてきて会話もスムーズになっていましたが、あるとき吃音が出ていることに気づきました。何か話そうとしてくれますが、最初に発しようとする単語の一文字目を続けて何回も言ってから、そのあとの言葉が出てきます。

長男は特に気にしていない様子でしたが、思うように言葉が出ないことが少し苦しそうに見えました。今まで問題なく話すことができていたのに、明らかに変わってしまったので私も不安になり、いろいろ調べて「吃音」ということを知りました。

とにかく理解し周りがサポートする

ネットの情報でしたが、吃音のことを理解し、そのとき行っていた育児相談の方にもアドバイスをいただきながら、焦らせることのないようゆっくり話を聞いてあげるということを意識して長男に寄り添うようになりました。

そして、上の子だからお手伝いすることは当たり前ではなく、ありがとうと言ってあげることや、我慢ばかりにならないように夫にも協力してもらいました。そのおかげか、約2年ほど時間はかかりましたがだんだんと吃音が減っていき、長男も落ち着きを取り戻すようになりました。

言わないだけで上の子も不満はあるはず

私自身も長男の気持ちを理解してあげられると思っていましたが、産後でもあり育児に余裕がなくなると気持ちまで考えてあげるということができなくなりました。

きょうだい喧嘩になっても上の子がすぐ怒られてどうして自分ばかりと思ったり、なにかと我慢させられたりというのが、きっと長男も嫌だと思っているのではと、今では気持ちを考えてあげるようにしています。そして「お兄ちゃんだから」と絶対に言わないようにしています。吃音が出たことで、長男は繊細な部分があるのかもしれないと知ることができました。

この体験を機に、きょうだい平等に接して個性を尊重するのが大事だと思うようになりました。今はもう1人増えて3人きょうだいですが、それでも変わらず長男の気持ちを意識しています。下の子は、教えなくても長男のまねをしてできるようになることも多いので、長男が安心して何でも挑戦できる環境をつくっていけたらと思います。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

監修/助産師REIKO


著者:中西まむ

4歳・2歳・0歳の男の子3人のママ。夫は出張が多くほとんどいないため、ワンオペ育児に奮闘中。自身の経験をもとに、子育てに関する体験談を中心に執筆している。


「ベビーカレンダー」は、医師・専門家監修の妊娠・出産・育児の情報メディアです。赤ちゃんとの毎日がもっとラクに楽しくなるニュースを配信中!無料の専門家相談コーナーも大人気!悩み解決も息抜きもベビカレにお任せ♡