前払いで25%お得 東京在住・勤務者は「Go To Eat デジタル食事券」抽選に申し込もう

©株式会社BCN

東京都の対象飲食店で使える「Go To Eatキャンペーン Tokyo」のデジタル食事券は、Yahoo! JAPANのデジタルチケットサービス「PassMarket(パスマーケット)」のシステムを利用しているため、抽選申込から受け取り、利用までオンラインで完結する。ただし、申し込みにはYahoo! JAPAN IDが必要で、保有していない場合、やや面倒だ。

一次抽選申込受付が11月24日23時59分まで、抽選結果メール送付が11月26日18時15分から(予定)、一次購入期間が11月27日10時から12月4日23時59分まで。11月24日時点で、Go To Eatキャンペーン全体の一時休止は決定しておらず、少なくとも抽選申込から購入まで当初のスケジュール通りとなると思われる。

「Go To Eatキャンペーン Tokyo デジタル食事券」の抽選申込みフロー

一部の商品券、地域振興券・プレミアム付き商品券、POSAカードは、購入金額に対し、利用可能額(ポイント・チャージ残高)に若干上乗せがある。農林水産省が管轄し、各都道府県などが実施主体となって販売するGo To Eatキャンペーンのプレミアム付き食事券の場合、国の補助で一律25%のプレミアムが付く。

少しの手間をかけて、抽選や先着順販売に参加し、まとめて前払いするだけで得する一方、通常、利用期限があり、期限を過ぎると紙クーポンはただのごみ、デジタルクーポンは完全無効になるので、期限内に確実に消費できる金額の目星をつけた上で買わないと損してしまう。誤ってごみとして捨てる・落とすなど、かなりの割合で発行済みの券が使われないので、20%・25%といった高還元が成立するようだ。

1万円分買うと2500円(8000円の場合は2000円)得するが、利用期限までに使い切らないと逆に損する

東京・神奈川・埼玉の1都2県のGo To Eatキャンペーン プレミアム付き食事券は、居住地を問わず誰でも購入可能。神奈川では11月24日23時59分をもって一時販売を休止し、埼玉も最終期となる第二期は販売(当初は20年12月1日10時から先着順で販売)を当面見合わせる方針。

既に実施している神奈川・埼玉県内の対象飲食店では、Go To Eatキャンペーンのポップを店のドアやレジ横に設置し、大々的にPRしていた。11月20日から紙のアナログ食事券が先行販売されている東京も同様だ。

東京・埼玉・神奈川のプレミアム付き食事券、Go To Eat かながわの店頭ステッカー

Go To Eat Tokyoのデジタル食事券はまだ販売すら始まっていないが、Yahoo! JAPAN IDをもつ東京在住者、東京都内通勤者は今日中にぜひ申し込み、飲食店応援の意思をアピールしよう。ちなみに抽選申込みの所要時間は、Yahoo! JAPAN IDのログインをSMS認証にしている場合、手元にスマートフォンをおいておけば特設ページ(https://toku.yahoo.co.jp/gotoeat_tokyo/lot)にアクセスしてから1分もかからず、LINEを利用するGo To Eat かながわのデジタルクーポン、Go To Eatキャンペーン埼玉県プレミアム付き食事券のオンラインフォーム申込みより圧倒的に手軽だ。(BCN・嵯峨野 芙美)