薄型軽量「5 in 1」ノート「dynabook V8/V6」 「Evo プラットフォーム」準拠

©株式会社ジェイ・キャスト

モバイルノート新時代、クリエイティブな創造性をアシストする高性能

パソコン(PC)「dynabook(ダイナブック)」シリーズを手がける[Dynabook]((東京都江東区)は、ノートPC「dynabook V8/V6」2モデルを2020年11月下旬から順次発売する。

素早い起動や応答性、バッテリー持続時間など実現

いずれも、インテルが提唱する「Evo プラットフォーム」に準拠し、素早い起動や応答性、バッテリーの持続時間、接続性、薄型軽量デザインを実現し、ノートPCやモニター、タブレットなど5つのスタイルで使える"5 in 1"モデル。

第11世代インテルCPU(プロセッサー)とグラフィックス性能を最大化する「エンパワーテクノロジー」の採用により、モバイルノートPCながらTDP(熱設計電力)28ワットの高いパフォーマンスを安定維持できるという。

タッチ対応の13.3型フルHD(1920×1080ドット)「IGZO」液晶ディスプレイを搭載。筆圧感知4096レベルのWacom(ワコム)製アクティブ静電ペンが付属し、繊細な描画が可能だ。約24時間のバッテリー駆動を実現。立体音響「Dolby Atmos」に対応し、厚みのあるサウンド再生が楽しめるharman/kardon(ハーマン・カードン)スピーカーなどを搭載する。

OSは「Windows 10 Home」(64ビット)をプレインストール。「Wi-Fi 6」準拠の無線LAN、Bluetooth 5.1をサポート。前面に約92万画素、背面に約800万画素のウェブカメラを装備。オフィスソフト「Microsoft Office Home & Business 2019」が付属する。

CPU「Core i7-1165G7」、メモリー16GB、内蔵ストレージ512GB SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)の「V8/P」、CPU「Core i5-1135G7」、メモリー8GB、内蔵ストレージ256GB SSDの「V6/P」を用意する。

また、同じく「Evo プラットフォーム」に準拠し、15.6型ディスプレイを搭載した"5 in 1"「dynabook F8/F6」の2モデルを12月下旬から順次発売する。

いずれも価格はオープン。