『ヱヴァ新劇場版』通常版の劇場上映が決定。半券を飾る台紙も発売

©株式会社マイナビ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ3作品の通常版上映が12月4日から期間限定で実施されることが決まった。全国373館(4D版82館含む)で上映される。

の発表後、「通常版での劇場上映を熱望する声を多数いただき、全国の劇場からも熱い要望をいただいた」ことにより、3作品の通常版上映が決定。「新作ではない作品としては異例の大規模上映」になるという。

今回の期間限定上映を記念し、オリジナルデザイン台紙『EVANGELION TICKET ARCHIVES』を12月1日から12月31日までの期間限定で販売する。各劇場の座席指定券の半券を貼り付けるスペースがあり、鑑賞の思い出を残せるという。セブン-イレブン店頭のマルチコピー機のみで取り扱い、1枚200円(税込)で販売。サイズはL判(ブロマイド)で、計6種類のデザインを用意する。

同シリーズ最新作にして完結編となる『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は2021年1月23日公開を。

上映期間

  • 12月4日~
    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 4D版』『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』
  • 12月11日~
    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 4D版』『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』
  • 12月18日~
    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 4D版』『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』
    ※12月24日終了(予定)

公開劇場