「自動運転バス」が街を走る! 塩尻で実証実験始まる 運転手不足の解消に期待

©株式会社長野放送

交通事故解消の期待を担う車の「自動運転」。長野県塩尻市で24日、公道を使ったバスの実証実験が始まりました。

(記者リポート)

「今、バスはゆっくりと左折しています。運転席にドライバーは座っているんですが、ハンドルは自動で動いています」

塩尻市やアルピコホールディングス、KDDIなどが始めた自動運転バスの実証実験。およそ5キロの周回コースを20分で走ります。

カメラとセンサーで「走る、曲がる、とまる」は自動化され、いざという時はドライバーが代われるようにしています。

試乗した市民:

「もっとノロノロかと思った。これだったら文句ない」

「非常に自然で驚いた。うちの家内より運転うまい」

自動運転の拠り所となる3次元地図作りには市民も協力しました。バス会社の運転手不足を解消する期待も寄せられています。

塩尻市・小口利幸市長:

「厳しいけど楽しみなストーリーだと思うので、それを一緒に研究できる都市であることをうれしく思うし、さらに深めていきたい」

実用化に向けてデータを集める実証実験は、今月27日まで行われます。