レディー・ガガ:ブラット・ピットと共演か 映画の原作は日本の小説 

©株式会社AXNジャパン

シンガーソングライターの枠を超えた活躍が注目のレディー・ガガは、ブラット・ピットなど豪華キャストが競演する映画『Bullet Train(原題)』に出演交渉中と伝えられています。原作は伊坂幸太郎の『マリアビートル』です。

『Bullet Train(原題)』

映画『アリー/ スター誕生』(A STAR IS BORN)でのナチュラルな演技で、アカデミー賞主演女優賞に初ノミネート。さらに共演したブラッドリー・クーパー(Bradley Cooper)とリアルカップルでは、とウワサされました。

歌手だけではなく、俳優としても評価の高いレディー・ガガ(Lady Gaga)が、新たな映画に出演するのではと伝えられています。

映画『Bullet Train』は伊坂幸太郎の小説『マリアビートル』(KADOKAWA刊)を基にした、スリリングなアクション。前作の『グラスホッパー』は日本でも2015年に生田斗真、浅野忠信、山田涼介らが出演し、映画化されました。

原作となる『マリアビートル』は新幹線が舞台。それぞれの目的で乗車した5人の殺し屋が巻き起こす、さまざまなハプニングをテンポよく描きます。

『Bullet Train』の監督は『デッドプール2』(DEADPOOL 2)のデヴィッド・リーチ。キャストにはブラッド・ピット(Brad Pitt)、ジョーイ・キング(Joey King)、アーロン・テイラー=ジョンソン(Aaron Taylor-Johnson)、マシ・オカ(Masi Oka)、マイケル・シャノン(Michael Shannon)などが決定しています。

(引用記事:https://www.etonline.com/lady-gaga-is-in-talks-to-star-opposite-brad-pitt-in-bullet-train-156699