【ベトナム】JICA、特許審査の運用確立を支援[経済]

©株式会社NNA

国際協力機構(JICA)は24日、ベトナム政府との間で技術協力「工業所有権の審査能力強化プロジェクト」に関する討議議事録(R/D)に署名した。ベトナム国家知的財産庁での安定的かつ信頼できる特許審査の運用の確立を目指す。

同プロジェクトは、国家知的財産庁での特許審査基準の改訂や審査の品質管理に関する文書作成、審査実務能力向上のためのセミナー開催などを手掛ける。プロジェクトの対象地域はハノイで、実施期間は2021年3月~23年2月までの予定。国連が定める「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成にも貢献する。

ベトナムでは、先端技術を含むさまざまな技術分野で、国内外からの特許出願件数が急増している。09年の特許出願件数は2,896件だったが、18年には約2倍の6,174件となった。透明性や一貫性などといった審査の品質を保ち、適時に審査を実施する体制を整えることが課題となっている。