マークⅡ2600グランデ | トヨタ - アメ車の雰囲気ただようラグジュアリークーペ【旧車】

©株式会社ライトアップ

開発コンセプトは「堅気になろう、3代目」!?

・モデル名 :コロナマークⅡ 2600グランデ(3代目・X40型)
・メーカー名:トヨタ
・年式 :1979
・撮影場所 :第8回 石和温泉郷クラシックカーフェスティバル2018
・撮影者 :ミノ

大きく開口する2ドアHTのサイドウインドウが魅力的

ベストセラーカー・コロナの「マークⅡ」(2世)としつつも、レジャーカーや遊びグルマのイメージで押して結果的に苦戦してしまった先代の反省をうけ、トヨタが設定した開発コンセプトはなんと「堅気になろう、3代目」。

に、2代目マークⅡ(X10型、X20型)はカタギじゃなかったのか・・・と思わずズッコケてしまいそうだけど、これは「レジャーカーなどの遊び目的ではなく、正当なセダンやクーペを作ろう」という意気込みだったのだろう。たぶんそうだ。

そこで採られた戦略が、当時アメリカ車で大人気だった「ヨーロピアンテイストのクラシック路線」だ。
わかったようなわからないようなコンセプトだけど、欧州車のちょい古めのクルマのイメージを求めていたのようだ。やわらかいボディラインだったり、適度にちりばめられたメッキパーツ(ギラギラ系ではない)だったり、明るい色のモケットの内装だったりがそれにあたるだろう。

マークⅡのイメージリーダーでもある、最上位の「グランデ」というブランドはこの3代目から設定された。
なかでも2600ccのグランデは、マークⅡがはじめて3ナンバーになったモデルでもある。
後期型ではオプションで大型の衝撃吸収バンパーが選べるようになったのだけど、これはいわゆるアメリカの5マイルバンパーを装着したようになり、よりアメリカンな雰囲気が増すので人気があった。

ちなみにこの3代目のころにブランド名が「トヨペット」から「トヨタ」に移行していったので、時期によってリアトランクのロゴがTOYOPETとTOYOTAがあるよ。
姉妹車のチェイサーが設定され、トヨタオート店で販売が開始されるようになった。
3代目のマークⅡはこうやってイベントでたまに見かけることがあるけど、チェイサーはほとんど見かけなくなってしまったね。
ビスタ店で販売されたクレスタは、この後の世代で登場するよ。