近畿地区大会女子準優勝校 浪速高等学校インタビュー【第43回全国選抜高校テニス大会】

©株式会社WOWOW

浪速高等学校の皆さん

今回の近畿地区大会で女子準優勝に輝いた高畑寿弥監督率いる浪速高等学校の主将、 山口花音(やまぐちかのん)選手と、S1の永田侑那(ながたゆうな)選手にインタビューを行った。

●主将 山口花音さん

「顧問の先生方や応援してくださっている方々の支えが原動力でした」

Q:チームの目指していることを教えて下さい。
「個性豊かに楽しく、真面目に!を目指しています」

Q:主将としてのチームを率いる上で、心がけていることがありますか。
「チームをまとめられるように、みんなでコミュニケーションをとるように心掛けています」

Q:今後の目標は何ですか。
「全国選抜を優勝することです。近畿では悔しい思いをしたので全国では笑って終わりたいです」

●S1 永田侑那さん

「粘り強くボールを拾い、チャンスをものにするスタイルです」

Q:S1の選手として一番得意なショットは何ですか?
「ドライブボレーです」

Q:S1の選手として一番力を入れていることは何ですか?
「フィジカルアップのための筋トレです」

Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?
「S1としての役割をしっかりと果たし、チームに良い流れを引き寄せたいです」

Q:あなたにとってテニスはどんな存在ですか?
「自分の人生において大きな役割を果たす存在です」

●高畑監督からの総評コメント
「初出場を成し遂げた第42回全国選抜が幻になった2年生の選抜に対する想いは強く、そこに1年生の新しい風が入り、個性豊かなプレーヤーが揃ったチームです」

「ダブルスの強化に加え、トレーニングや食へのアプローチなど、様々な取り組みを行いチーム力の向上に励んできました。頼れるキャプテンの山口花音を軸に、2年生はチームの基盤となってくれています」

「1年生は、エースの田中愛美を筆頭に着実に力をつけてきたと思います。”このメンバーで1試合でも多く試合をする・勝負を楽しむ”を合言葉に大阪大会・近畿大会を戦ってきました。全国選抜でもそれは変えずに、1試合でも多くこのチームで試合がしたいと思います。どんな戦いになるのかとても楽しみです」

「私自身もプロテニスプレーヤーから学校職員に転職をして監督になり2年目で、日が浅いので、部員たちと一緒に成長していきたいと思っています」

浪速高等学校の女子テニス部の皆さん、準優勝おめでとうございます。これからもテニスに対する熱い情熱と、仲間との強い絆を武器に、目標に向けて頑張ってください!

全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー宮崎愛伎代

※写真は浪速高等学校の皆さん
(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)