『鬼滅の刃』累計1億2000万部に 最終23巻は描き足し&おまけ収録で初版395万部

©ブロードメディア株式会社

漫画『鬼滅の刃』23巻表紙(C)吾峠呼世晴/集英社

12月4日に発売される吾峠呼世晴の『鬼滅の刃』コミックス最終23巻(集英社より)の初版発行部数が395万部(同日発売の同梱版含む)となることが発表された。これにより、1~23巻の累計発行部数(電子版含む)は1億2000万部を突破する

23巻には、吾峠が物語の結末に描き足した14ページのほか、おまけページの描き下ろし25ページを収録。なお、予約限定生産の23巻同梱版には、炭治郎、禰豆子(※1)、我妻善逸、嘴平伊之助のフィギュア(全長約7センチ)が同梱。付属パーツとして、「炭治郎の新日輪刀」「炭治郎のあざ違い顔パーツ」「ちび禰豆子」「ちび禰豆子を背負う箱」「伊之助の猪頭パーツ」「善逸の困り顔パーツ」も封入される

同日には、吾峠監修のもと平野稜二が描いたスピンオフ漫画も発売。冨岡義勇、胡蝶しのぶが登場する「冨岡義勇 外伝」と、煉獄杏寿郎(※2)、甘露寺蜜璃が登場する「煉獄杏寿郎 外伝」の2本立てとなっている。

さらに、2021年2月4日には、初の画集「『鬼滅の刃』吾峠呼世晴画集-幾星霜-」と、ファンブック第2弾となる『鬼滅の刃公式ファンブック第二弾 鬼殺隊最終見聞録』(仮)も発売。

炭治郎たちの道のりをカラーイラストでたどる「『鬼滅の刃』吾峠呼世晴画集-幾星霜-」では、カバーと両面ポスターが描き下ろされ、新規モノクロイラストも多数収録。鬼殺隊の始まりから終わりまでを綴った最後の伝聞録『鬼滅の刃公式ファンブック第二弾 鬼殺隊最終見聞録』(仮)では、炭治郎たちのその後や、鬼たちを描いた描き下ろし新作漫画、新たな「大正コソコソ噂話」が収録。ミニカードゲームと特製しおりも付いてくる。

『鬼滅の刃』コミックス23巻は、集英社より12月4日発売。価格は通常版が460円、同梱版が5200円(共に税別)。

※1「禰」の正式表記は「ネ+爾」

※2「煉」の正式表記は「火+東」